PlayStation®Vita「Side Kicks!」発売1周年

ー2017年3月23日。
1年前に「Side Kicks!」は発売しました。
あっという間に1年が過ぎたように思いますが、その記念すべき1周年を皆さんと一緒にお祝いさせて頂けたことは、本当に嬉しい限りです。
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

ゲームというのは、エンターテイメントであり、体験であり、商品でもあります。
発売前に、雑誌に紹介記事を載せてもらったり、プロモーションビデオを流したり、体験版で遊んでもらったり、そういったものは「宣伝」と呼ばれます。
「Side Kicks!」は発売前はもちろん、発売後にも様々な展開をさせて頂きました。
グッズを発売したり、コラボカフェを開催したり、WEB企画で皆さんにも参加して頂いたり。
発売後にも出来るだけの展開をしたい、それは僕がずっと思っていたことでした。
もちろんそれは、まだゲームをプレイしていない人に知ってもらう、買ってもらう、遊んでもらう「宣伝」でもあります。
最近は、ライトに遊べるゲームがとても増えたためか、ゲームというエンターテイメントも消耗されるようになったと感じています。
買って遊んでクリアしたら終わり。あるいは、溢れるエンターテイメントに紛れて、出会う機会のないまま、過ぎ去っていく。
エンターテイメントには色んな形がありますから、遊ぶ人が面白いと思うならそれが正解です。暇つぶしのゲームも、没頭して徹夜で遊ぶゲームも、どちらもエンターテイメントです。どんなメディアでも、どんなお金や時間の使い方でも、楽しいものが正義だと僕は思います。
それでも僕は、自分と、そして開発スタッフ、関わってくれた人たちみんなの愛情を受けて世に出た「Side Kicks!」というゲームを「消耗」されたくない、遊んでくれた人の心のどこかに残り続けて欲しい、と強く思っています。

発売1周年企画のひとつに、サクラダポストというものを企画させて頂きました。
お手元に「サクラダタイムス号外」が届いた方、お楽しみ頂けたでしょうか?
皆さんからたくさんのメッセージや感想を頂きました、ありがとうございます。
お手紙やプレゼントも頂いてしまいました。(中にはオレンジのバラの花束を再現した、チョコレートの花束も頂いたので、1周年記念の写真に一緒に写させて頂きました!……その後、チョコレートは美味しく頂きました)
皆さんにこんなに愛してもらえる「Side Kicks!」は本当に幸せです。

さて、一言お礼を書くつもりが、やっぱり長くなってしまいました。僕の悪い癖です。
「Side Kicks!」発売1周年を一緒にお祝いしてくれて、ありがとうございました!

(発売前からお祝いしてきた、みんなの誕生日ですが、アンカーは4月23日、リコの誕生日です。ツイッター企画に協力してもらえるよう、サクラダ警察に依頼中です)

「Side Kicks!」シナリオ&プロデュース
minetaka