オススメPOPコンテスト@ステラワース(3)

2017年7月にステラワースにて開催致しました「Side Kicks!」オススメPOPコンテストにご応募頂いた作品をご紹介!今回は全90作品のうち、12作品を掲載させて頂きました!(※ご紹介は順不同となります)

「POP全体のデザインやカラーにシシバらしさを感じました。シシバがいつも身につけているヘッドホンもさりげなくデザインされていて素敵だなと思いました。余談ですが、ゲーム本編の後半、新しい服装に変わったシシバはヘッドホンをしていません。すめらぎ琥珀さんには服装やアクセサリーの一つひとつにも彼の心境の変化を表現してもらいました」(minetaka) 

「予約特典CD『シーズン2』をお聴きいただけていたら嬉しいです。ノラはアウトサイダーですが、ゲーム中のNOTESに登場する彼の書いた記事を見ていくと、彼とサイドキックス達との距離感が垣間見えると思います」(minetaka)

「内なるノラに注目してくださったようで嬉しいです。彼の好物のチリドック含め、たくさんの食べ物が作中に登場しますが、生きたキャラクターを描くにあたって、食事をするというシーンは個人的に大事にしたかった部分でもあります」(minetaka) 

「タテワキを端的に表してくれたテキストに、褒め言葉まで!統率力とは程遠い、いい加減なタテワキですが、そんな彼が持ついろんな面に注目してもらえたら嬉しいです」(minetaka) 

「僕たちスタッフの気持ちを代弁してくださったようなPOPです。ゲームでは、音声や画面内のキャラクターの位置や動き、表情の変化まで、一つひとつ、開発スタッフ一同こだわって作っています。ぜひ、時間をかけて遊んでいただきたいです」(minetaka) 

「真実は、キャラクター達の数だけ、そしてプレイしてくださる皆さんの数だけ存在します。このPOPに書いていただいたように、皆さんそれぞれの真実を見つけてもらえますように」(minetaka) 

「テキストの表示や音声についてはこだわった演出ですので、そこを推して頂いたPOP、嬉しいです」(minetaka) 

「チカはメインヒーローらしく熱い奴ですが、本当に口が悪くて、プロローグあたりでは皆さんに怖い思いをさせてしまったのではないでしょうか。可愛いと思っていただけて、チカ、良かったね」(minetaka) 

「可愛い弟分なリコの、かっこいい一面にも注目してもらえて良かったです。とても可愛らしいイラストですが、どこか男の子らしさ……いえ、男らしさも感じます」(minetaka) 

「嬉しいことに、頂いたゲームの感想の中には『飯テロゲーム』というワードも多く拝見しました。開発スタッフも、深夜にキララが出てくるシーンを見るのは結構辛かったようです」(minetaka) 

「すめらぎ琥珀さんと一緒に『シシバならどんな犬の絵を描くか』と話した結果が、このPOPにも描いて頂いた犬こちらでした。ゲーム中に登場するイラストは、細部にまですめらぎ琥珀さんのこだわりが詰まっています」(minetaka) 

「ツバキは企画当初は、いい加減なタテワキの対極にいる、しっかりとしたエリート刑事だったはずなのですが、キャラクター達を作り上げていくにあたり、開発スタッフは『こういうキャラだから』と決めつけずに、生きたキャラクター達を感じて、キャラクター達が思うように描いていこう、とこだわっていました。その結果が、今のツバキです。いや、ちゃんとしっかりしたエリート刑事なんですよ」(minetaka)